投資マンションの売却価格をアップ|取引の流れを把握

模型

取引方法の選定

お金

不労所得を得られるビジネスとして多くの人に人気を集めているのが投資マンションです。投資マンションは投資アパートとは異なり、1棟ではなく多数の人で出資し合うことができるので、1部屋という小規模からスタートできるお手軽な不動産投資となっているのです。しかし、お手軽な不動産投資でも思うように収益をあげることができないパターンもあります。入居者を待ち続けていても時間が勿体無いので収益確保が難しいと感じた場合は早い段階で見切りをつけて投資マンションを売却してしまうのが効果的ともいえるでしょう。投資マンションを売却するフローはいくつかの種類が存在するので、それぞれの特徴をしっかりと押さえて自分にあった方法を選択することが大切です。
投資マンションの売却において、最もスタンダードとなっているのが片手取引と呼称されるフローです。売主と買主側で別々の不動産会社が仲介を行い、双方の仲介業者がやり取りを進めていく形となります。仮に投資マンションの売却額が4000万円の場合は約126万円の仲介手数料が発生するので参考にすると良いでしょう。そしてもう1つのフローが両手取引と呼ばれるフローです。このフローでは1つ不動産仲介業者が売主と買主を仲介する形となっています。やり取りがスムーズに進む方法ですが、不動産を安く売却される可能性が高いフローなので注意しておきましょう。そして、最も利益率が高いとされているのが売主と買主で直接やり取りをする直接取引です。ある程度のコネクションが必要ですが上手く行けば仲介手数料を無料にし、即現金化が見込める有益な手段となっています。

無料で参加ができる

セミナー

不動産投資セミナーに参加することによって、成功するための秘訣を知ることができます。成功者の声を聞くことによって、納得のいく成果を得るヒントが得られるので良い機会といえます。

詳細

民泊として活用

マンション

マンション投資で成功する方法としては、空き室率を下げることが大切です。今では民泊として活用する方法もあり、色んな方法を工夫して取り入れておくと収益が得られます。

詳細

不動産ごと買収

男の人

企業買収を実施する際、買収される側が自社ビルなどを保有しているのであれば、株式単体での買収ではなく不動産を保有している法人ごと企業買収をしてしまう方がキャッシュフロー的にも優位なのです。

詳細